読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ帳

個人的なメモ帳兼日記的ななにか

映画「聲の形」 感想

9月17日(土)上映の「聲の形」をみたので感想を書こうと思います。

映画評論しようってことではないので素直な感想になります。

 

まず序盤は主人公の石田くんの小学生時代の話から始まり、内容をまとめた感じだとヒロインの西宮(転校生、聴覚障害)を石田がからかって(いじめ?)からか西宮は転校してしまう。

その後、石田が今度はクラスからいじめの対象になり、中学校に上がっても小学生時代の同級生がそういうことがあったと言いふらし結局は孤立。本編は高校生に上がってからの話になります。

 

まぁ何というか自分に重なる部分もあって途中まで観るのがつらかったです…。

主人公が人の顔を見れない、人の話を聴こうとしないってのは見に覚えがあるからとても共感出来ました。

他人の顔に×マークがつくってのがすごく理解る。

そして、仲が良くなるとその×マークが外れるってのも確かに絵にしたらそんな感じだよなぁって思いました。

一度、人に対しての恐怖を抱くとそうなっちゃうよね。

 

キャラとしてはみんな個々の性格がちゃんとしててそう言う人も居るよね、無意識にやってしまうよねと思うキャラが出てくるからしっかりしてる映画だなとも思いました。

まぁ原作が漫画だしそこら辺はちゃんとしているか。

 

とにかく女子高生が可愛い!西宮硝子、植野直花、佐原みよこ、川井みきどの子もそれぞれちゃんとしたキャラでいいと思う。

個人的にはヒロインの西宮硝子が一番のお気に入りです。

 

あと、親友の永束くんも好きです!学生時代にあんな友人が居ればよかったなと思いました…。

 

内容的には比べられないけど個人的には「君の名は。」よりこっちの方がおもしろかったかな。

漫画も前から気になってたのでこの機会に全巻購入も考えてみようかなと思います。

 

 

koenokatachi-movie.com